猫又の出るべきタイミング

(´・∀・`)「………怒られた」
(´・ω・)「どうしたの」
(´・∀・`)「猫又だったんだけどね、出るタイミングがどうとかって……」
(´・ω・)「………難しいよね」

12A猫の配役などの場合で猫又が噛まれず残ってしまった場合は、いつでたらいいの?
まずCO状況が2-2だったとする占い師の結果は双方ともグレーへ白である。
つまり2-2白進行(占い師が白しか出していない)の時は最初に霊能者ローラーを行う(霊能者を偽目の方から吊り、次の日に残った霊能者を吊る)
これで縄を二つ使う。

霊能者ローラーを完遂したら、次は占い師の決め打ちに入る。
一番早いタイミングだと、この時既に出る猫がいる。
占い師の内訳が真狼の場合は、人外票で真占い師が吊られる場合があるから、猫又が占いを指定して人外票を抑えるのである。
ただしこのタイミングで出ても、狼が猫を騙る場合があり、そうなると面倒だが


一番多いのは占い決め打ちの後、残った占い師が真かどうかを決める時である。
決め打ちが成功していても、人外が残った占い師が偽の可能性を出して占い吊りの流れに持っていく事があるので、そういう時には出る。
だが、大体は決め打ちが成功した時は真占いが抜かれるのだが…


なんにせよ猫が噛まれなかった場合は占い師決め打ちの後。
つまりは五日目には出るべきである(初日を二日目として)
占い師が抜かれても、猫又が出る事でグレーを指定して進行する事ができるし、人外が猫を騙って来た時は人外を炙り出せる。(勝てばいいしね)仮に失敗しても道連れ発生で残りの猫が偽である事を確定できる。

(´・∀・`)「……指定ミスしたら?」
(´・ω・)「そこは…頑張れ」

つまり、四日目か五日目に出ればいいさ。
当然だが、自分が黒を出された場合、占い師の黒が猫又COした場合は出るべき。
初日猫又COする人がたまーにいるが、噛まれる自信がない人や、他の占い師から白をもらっていない場合は素直に出れば良い。
なお、初日CO状況が2-0(霊能者欠け)の場合は指定役がいないので、すぐにCOするべきだろう。

  • 最終更新:2017-04-08 11:58:59

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード