月亭絵の具

社会人の方であれば、毎年新年を迎えると仕事関係の方々に対して、多くの年賀状を送ることになるでしょう。年賀状は新年の挨拶だけでなく、日頃の感謝も伝えられるものですが、「伝統的なマナー」がある点には注意をしなければなりません。

社会人の方が特に注意するべきマナーとしては、上司や目上の方に対するマナーが挙げられます。マナーを守っているかどうかで年賀状の印象は大きく異なるので、今回ご紹介するマナーをしっかりと身につけておきましょう。

上司への年賀状で「謹賀新年」はOK?NG!?決まり文句のマナー特集
【1】年賀状に記載する賀詞の意味は?謹賀新年は使っても大丈夫?
賀詞(がし)とは、主に年賀状の文頭に記載されている、新年を祝う言葉のことを指します。この賀詞を年賀状に記載しておくと相手に丁寧な印象を与えられるので、上司や目上の方への年賀状には基本的に記載することが望ましいでしょう。

ただし、賀詞を使用する際には、注意するべきポイントが2つあります。
ひとつ目は「記載場所」であり、年賀状の冒頭にはしきたりを重んじたお祝いの言葉を持ってくることが望ましいとされています。そのため、賀詞は年賀状の右上、もしくは一番上に大きく記載するようにしましょう。

ふたつ目の注意点は「賀詞の選び方」です。賀詞にはさまざまな種類があり、適した賀詞は送る相手によって異なります。もちろん、賀詞によって具体的な意味も異なるので、主な賀詞の意味を以下で理解しておきましょう。

1文字の賀詞:部下や同僚、目下の方や友人に適した言葉
・寿:めでたいことを表す。
・福:幸せを表す。
・賀:喜んで祝うことを表す。
・春:新年のこと。
・禧:喜びや幸せのこと。
2文字の賀詞:部下や同僚、目下の方や友人に適した言葉
・賀正 :正月を祝うこと。
・賀春 :新春(新年)を祝うこと。
・頌春(しょうしゅん):新年を讃えること。
・迎春 :新年を迎えること。
・慶春 :新年を喜んで祝うこと。
・寿春 :新春を祝うこと。
・初春 :新年のこと。
・新春 :新年のこと。
4文字の賀詞:上司や恩師、取引先など目上の方に適した言葉
・謹賀新年:謹んで新年をお祝いいたします。
・謹賀新春:謹んで新春をお祝いいたします。
・恭賀新年:恭しく(丁重に)新年をお祝いいたします。
・恭賀新春:恭しく新春をお祝いいたします。
・敬頌新禧(けいしょうしんき):恭しく新年の喜びをお讃え申し上げます。
【2】【送る相手別】謹賀新春など賀詞を使った文例集
上記では、賀詞の種類と意味についてご紹介してきました。では、実際に賀詞を使って年賀状を作る際には、どのような文章にすれば良いのでしょうか?
以下では、賀詞を使用した文例をいくつかご紹介していきましょう。

上司や恩師、取引先など目上の方へ
1.昨年中のお礼
謹賀新年 旧年中は公私にわたり親身なご指導をいただき誠にありがとうございました
    お陰様で大変充実した一年を過ごすことができました
恭賀新年 旧年中は大変なお

  • 最終更新:2019-03-16 21:41:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード